診療のご案内

アンチエイジング外来(プラセンタ療法・ED治療など)

当院ではアンチエイジング治療として以下の治療を行っています。

プラセンタ療法

プラセンタとは胎盤から有効成分を抽出した胎盤エキスのことをいいます。胎盤の中には、人体の成長に欠かせない多くの栄養素を含んでいます。プラセンタ療法の歴史は古く、古代ギリシャ時代から医療に用いられてきました。また、中国では古くから滋養強壮・不老長寿の薬として利用されてきました。近年、バイオテクノロジーの発達によりプラセンタの作用機序が明らかになり、疲労回復や抗アレルギー作用、美肌作用、抗老化作用(アンチエイジング作用)、イライラや不安感に対する精神安定作用など、幅広い分野に効能があることが分かってきました。
具体的には、疲労、不眠、肩こり、頭痛、めまい、腰痛、関節痛、冷え性、更年期障害、自律神経失調症、生理不順、アレルギー性疾患、肝機能障害、慢性の胃・十二指腸疾患などに効果があると言われています。
また美容目的では、美白・ニキビ・しわ・肌荒れ・そばかす・皮膚の老化防止などに用いられています。

当院でのプラセンタ療法

注射:ヒトプラセンタエキス(メルスモンまたはラエンネック)皮下注射、筋肉注射
※厚生労働省がプラセンタの静脈注射、点滴を許可しておりませんので、当院では皮下注射または筋肉注射のみを行っています。

費用:原則として注射は自費です。概ね週1回を2〜3か月続けます。更年期障害、または肝障害で保険適応になることがあります。
注射:ヒトプラセンタエキス 2アンプル(4ml) 2,160円(税込、初・再診料を含みます)

ED治療

最近の疫学調査によると、日本では現在、40〜70歳男性の半数以上がなんらかの原因でEDになっていると考えられます。EDは、年齢による身体の機能の衰え(エイジング)の1つとしてとらえられます。また、抗うつ薬などの副作用としてEDが発現することがあります。なかなか口に出しにくい症状ですが、カップルにとっては深刻な問題になります。
当院ではEDの治療としてバイアグラ50mg、レビトラ10mgを処方いたします。ただし、保険は適応されませんので自費になります。

バイアグラ、レビトラとも 1錠 1,500円(税込、1か月に10錠までが目安です)
院内でお渡しいたしますので、薬局へ行く必要はありません。
ご予約の際は、アンチエイジング希望とお申し出ください。

漢方薬

主に「補剤」を用いることによって諸機能を賦活し、ホメオスタシス(恒常性)の乱れを是正し、QOLの維持・向上を図ります。当院では保険診療により漢方薬を処方いたします。

このページの先頭へ